エクシーガの評価

スバルらしい走りにこだわりつつも、広々とした車内空間も持つスバルのミニバン、「エクシーガ」が人気です。ここでは私自身がエクシーガに乗っての評価として、走りやインテリアについて書いている他、実燃費や値引き額など、この新しいミニバンについての情報を色々と掲載しています。

スバルのエクシーガに試乗しての評価

いよいよスバルからも多人数乗車のミニバンが登場しました。OEM供給のトラヴィック以外では、スバルでは初のミニバンとなります。ここ最近続くミニバンブームの流れの中で、すっかり出遅れてたスバルですが、やっとスバルもミニバン市場に参入となったわけです。ミニバンらしく、3列7人乗りであり、、明るい室内を持つというコンセプトの他、「スバルらしい走り」にもこだわったとされるエクシーガに、実際に試乗してみての、私なりの評価を書いていきたいと思います。

エクシーガの評価、まずはその車内について

エクシーガのインテリアスバル初のミニバンなわけですが、その車内は他のミニバンと比べても遜色ないといいますか、このクラスであれば広い部類ではないでしょうか。広さの感じは、イプサムに近い印象をうけました。
また、3列目シートが狭いミニバンはたくさんありますが、エクシーガの3列目シートは大人が座っても窮屈さを感じません。ヘッドクイリアランスも足元も十分なスペースがあります。3列目シートへのアクセスも楽にできるようになっており、この辺りはよく練られているなあという印象です。そして、1列目から3列目まで、シートの座面高が少しずつ高くなっていて、どの席に座っても視界がふさがれないような工夫がされています。
インテリアの印象は、エクステリアのデザインと同様に、ワゴンやセダンを彷彿させるような雰囲気ですね。運転席からの視界も良好で、大変運転がしやすくなっています。

エクシーガの走りの評価

エクシーガのエクステリア「スバル車らしい走り」にこだわったということで、その走りは並みのBOX系ミニバンとは比較にならない走りの素性の良さを感じます。私が試乗したのは、NA2.0iLのFFで、エンジンハ水平対向のDOHCです。レガシィの同排気量のエンジンに比べるとパワーは劣る148psではありますが、トルクの19.5kgはほとんど変わらない数字となっていますので、必要十分な加速性能を持っていると言えるでしょう。また、ステアリングが自然なフィールであったことと、乗り心地の素晴らしさも特筆に値すると思います。
またエクシーガで評価したいのはその静粛性です。ミニバンは車内の空洞空間が大きい為、どうしても静粛性で劣ってしまう部分があるのですが、エクシーガの静粛性は、セダンと何の遜色のないレベルとなっています。

エクシーガ新車の納車時期について

エクシーガの新車発売まもなくの時は、2ヶ月待ちなどという話も聞きましたが、現在では2週間程度で納車されることも多く、長く見ても、一ヶ月程度で納車される場合がほとんどのようです。

マークXジオ、オデッセイ、MPV、エスティマ等と競合で値引き額アップ

エクシーガのライバルとしては、トヨタのマークXジオ、エスティマ、ホンダのオデッセイ、マツダのMPVあたりになってくるかと思います。うまくこのあたりの車と競合させて、エクシーガの値引き額をアップさせましょう。エクシーガの新車価格は内容のわりにそれほど高くないという声が多いですが、がんばって値引きすれば、新車価格・オプション価格からの値引きの合計で、40万以上というのも夢ではありません。とりあえず、新車車両価格だけからの値引きとしては、NAモデルであれば15万、ターボモデルでれば20万くらいを目標にして、値引き交渉をしてみましょう。
ディーラーによっては渋いところもあり、値引き額5万という提示をうけたという話も聞きますが、最低でも10万くらいはがんばって交渉してみましょう。

エクシーガの実燃費

エクシーガのカタログ上の燃費は14 km/lとなっていますが、実燃費についてデータを集めてみると、街中で12km/l程度といった感じです。ただ、渋滞だらけの都心で通勤用につかっていると、8 km/lにまで落ちる場合があるようです。
また、これらの数字はNAモデルですので、ターボ付きであれば、ここからさらに-2 km/lぐらいは見ておいた方が良いかもしれません。

楽天ウェブサービスセンター

CopyRight 2017得するライフ情報館All right reserved.
-役に立つ情報が集まっています-