自転車保険の比較

歩行者と自転車との事故件数が増え、自転車保険への注目度があがっています。ここでは契約する際の参考として、あいおい、三井住友海上、チューリッヒ、損保ジャパン、ゼネラリ等が用意している保険の内容を比較・掲載しています。比較の際の参考としてご覧下さい。

安い自転車保を比較

自転車事故の瞬間自転車保険と聞くと驚く方もいるかもしれません、自転車の保険には加入義務が無い為に、加入している人も少なく、自転車保険と言う存在自体を知らない方が多いようです。 ですが自転車といっても、実際は結構なスピードが出ますし、ロードバイク(ロードレーサー)や電動機付きの自転車であればなおさらです。こういった自転車で事故を起こした時、相手のみならず、自分も転倒して大怪我をする可能性があります。また、盗難にあってしまった場合、盗難に対応した自転車保険に入っていないと、無き寝入るしかないといった事になります。
歩行者と自転車の事故は近年急増しています。毎日の通勤・通学や買い物、趣味やダイエットでロードバイクに乗っている方など、自転車に乗る機会の多い方は、自転車保険への加入をおすすめします。
自転車保険は大手の保険会社で扱っていますので、それらを比較して加入すると良いでしょう。以下に出来るだけ安い、内容の充実している各社の自転車保険の内容を比較した結果などを書いていきますのでご参考にどうぞ。

損保ジャパンの自動車保険を比較

損保ジャパンは、旧日産火災海上、安田火災海上保険が合併してできた保険会社です。この会社の自転車保険(自転車総合保険)は基本的にファミリータイプとなっていますので、家族のうち一人が加入すれば当人を含め、その配偶者と同居の親族・子供まで自転車保険の対象になります。また、その契約旗艦については1年のタイプと3年のタイプのものがあり、保険料は1年タイプのものであれば3480円~8560円、3年の場合だと8810円~14690円となっています。
他の保険会社の自動車保険と比較しても、価格・サポート共に負けていない内容ですので、選びやすいのではないでしょうか。

三井住友火災海上・チューリッヒの自転車保険は比較できない?

自転車保険の契約次は三井住友火災海上の自転車保険ですが、ちょっと比較するのが難しいです。なぜかと言いますと、現在三井住友火災海上では、単独の自転車保険が存在しないからです。少し前まで確かにあったのですが、2004年には廃止されてしまいました。しかし、自動車保険とのセットであれば、同社から自転車保険の恩恵を受けることが出来ます。その方法は、 三井住友火災海上の自動車保険に「MOST」のスタンダードタイプに申し込めば、自転車事故の補償もセットになっていますので、自動車保険をこのコースで申し込めばOKです。
単純に他の保険会社の自転車保険とは比較できませんが、自動車の保険で同社を選ぶのであれば、自転車保険がセットになっている分、お得であると言えるでしょう。
また、チューリッヒについても、自動車保険の内容に自転車が含まれています。「人身傷害特約」ありで申し込めば、自転車による事故で怪我をした場合であっても、保障を受けることができます。

ゼネラリの自転車保険

ゼネラリ保険は単独での自転車総合保険を扱っています。ゼネラリ保険の自転車総合保険では、国内での自転車人身事故、器物破損、自分自身の事故の場合、治療費と見舞金にあたる保険金を受け取ることが出来ます。自分が相手にケガをさせた場合も、あるいはその逆も、自損事故であっても保険金が下りますから、あらゆる事態に想定した自転車保険となっています。
なお、 自転車保険のタイプは家族型と個人型があり、いずれも3年契約。保険料は個人型で3360円~18050円、家族型は6790円~41790円となっています。他の自動車保険と比較すると、多少割高な感じもしますが、保障内容が広いので安心できます。

あいおい損保の自転車保険を比較

あいおい損保は旧千代田火災海上保険と大東京火災海上保険が合併してできた会社です。あいおい損保の自動車保険は個人型と家族型があり、補償額が最高1000万、2000万、3000万円の3つの段階があり、一年契約の場合ですと1,960円、3,240円、4,460円となっています。比較的リーズナブルな保険料ですので、選択の中に入ってくるのではないでしょうか。

楽天ウェブサービスセンター

CopyRight 2017得するライフ情報館All right reserved.
-役に立つ情報が集まっています-